Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c6621937/public_html/graparablog.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
ネッサBB112M+で結構狩り回ったので経過報告 | graparablog

ネッサBB S112M+で結構狩り回ったので経過報告

ぐらぱら

ぐらぱら
20代
滋賀県で一人暮らし中
社会人1年目(2023年7月時点)
購入したロッドなどのインプレを書いてます。
釣行記録も日記感覚で・ふざけた文で書いております。

ぐらぱらをフォローする
Uncategorized

皆さんお疲れ様です~

11月頃に購入したシマノの「ネッサBB112M+」をこのハイシーズンは相棒として使い回して参りました。

それなりに使い込んだつもりですし、ここいらでセカンドインプレ的なのをしていきやす。

基本情報を忘れたとは言わせねえぞ!?

ネッサBB S112M+のスペックをおさらい。

項目情報
長さ11.2ft (3.40m)
継数3
仕舞寸法118.3cm
適合ルアーウェイト8~42g (ジグMAX 48g)
先径2.5mm
自重192g
自重追加しましたんね~

改めてみると自重200g切ってるのいいっすよね~

アドバンテージだと思うトコ

特徴は11ft越えのレングス。

長いレングスの利点は波のかわしやすさとレンジコントロールのしやすさです。

ザブザブのサーフでも比較的ラインが波に引っ張られるのを防げるし、ロッドを立てればより上のレンジを通しやすくなります。足場の高い堤防ならロッドを下げてより下のレンジも通せますね。

これらは使っていてひしひしと感じました。

不利だと思うとトコ

ジグとかしゃくり続けるコトですね。潮のきいてるところは特にやばいですね。

ミノーのジャーキングならマシ、ジグは小さめのワンピッチがちょうどいいですな。

とにかくロッドの振りは小さい方がよさげ。

ルアーウェイト別体感スペック

わりといろんなルアーを投げたので表にまとめました。

ルアーウェイトルアー例評価
10g 前後テロテロ君75F
4,5inワーム+7gジグヘッド
20g 前後FJバーティス
カゲロウ124f
30g 前後セットアッパー125sDR
ログズ140s,ウェッジ95
40g 前後かっとび棒,飛びキング
ガルバストロング
50g 以上モンスタースライダー
Wコーク
ジグも使い心地は大差ないですので同様に考えてもよいかと。

下限域については、10g近くのルアーはオーバーヘッドでキャストするとあんまり気持ちよくないかな~

ビシッとバス投げの選択肢が入ってきます。

50gピッタリくらいならしっかり投げられます。ただアクションとか引き抵抗とかちょっとしんどくなってきますね。それを考えると50gまでがベストって感じですな。

釣果

主な釣果はこちら。

シイラ 約50cm

音海エリアで年末に釣ったペンペンでございます。

南の魚と思っていたシイラが真冬の日本海に回ってるのもビックリですが、めちゃくちゃ数がいたみたいですね。

ペンペン祭りとか言われてて、釣り場のどの辺でも釣れてましたね。

とりあえずこのサイズならぶち抜けました。かけた時はロッドは結構曲がってましたが、普通に寄せられましたねぇ〜

ヒラメ 約50cm

伊良湖サーフで仕留めた真冬の寒ヒラメどす。

朝一、極寒&爆風の修行コンディションでしたが、

変態には関係ないわけですね!

フローティングミノー投げたいからという事でなげてデッドスローで巻いてたらヌヌヌッと来ました。

特にドラグを出す必要もなく、しっかり寄せられました。

まとめ

こうやって見ると50cmくらいのばっかですね~

とりあえずこのクラスなら対応可能というわけで。

結論としては

巻物しか勝たん!!!!

ご参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました